■プロフィール

Takase

Author:Takase
初代ファミコンからPCまで、ゲームを愛する男。
レトロゲームバンザイ!
ゲームも作ってるよ。

■訪問者数

■最近の記事
■最近のコメント
■月別アーカイブ

■最近のトラックバック
■カテゴリー
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
「不協和音」
4月5日に発売される欅坂46のニューシングル「不協和音」のMVが公開されました!
もはや多くは語るまい・・・・・・とにかくご覧下さい。



今回は1stシングルの「サイレント・マジョリティー」に近いイメージの楽曲です。
力強いダンスがメッセージ性の高い歌詞と見事にマッチして圧倒されますね。
しかしこれはライブでやったら消耗が激しそうで心配・・・・・

欅の曲って、初めて聴いたときはそれほど「スゲエ良い曲!!」ってならないのが特徴ですね。
何度も聴いているとじわじわと効いてきます・・・・この曲もまさにそれでした。

しかしカッケエな・・・・観てると息が止まる・・・

欅坂46のパフォーマンスっていつも思うんですけど「ミュージカル」なんですよね、うまく説明できませんが。





スポンサーサイト
音楽 | 22:35:39 | Trackback(0) | Comments(0)
謎のクオリティ。
なにげにYouTube観てたらこんなものが。



もう最初っから色々酷いがなぜか映像のクオリティはメチャメチャ高い。
何このアンバランス!?
中身はアレなのに映像の雰囲気は「サイレントマジョリティ」そのもの。

なんだこれはプロの仕業か?
アバンティーズって誰?

最後の撮影風景の様子を見ると、撮影はプロっぽいですね。
こういう全力バカ、嫌いじゃない。


ちなみに本家





音楽 | 07:16:45 | Trackback(0) | Comments(0)
坂道AKB・・・だと?
謎のユニット「坂道AKB」というのが発表されましたね。

最初は記事を書いている人がAKBと坂道シリーズを一緒だと勘違いしたのかと思いましたが、どうやら違うようです。
今度発売になるAKB48の新しいシングルのカップリング曲のために結成されたユニットで、文字通りAKBと乃木坂、欅坂のメンバーで構成されています。
曲のタイトルは「誰のことを一番 愛してる?」というもので、狂気じみた恋愛ソングのようです。

そして、なんとこの曲のMVでセンターを勤めるのが、我が欅坂46の平手友梨奈さんです!

・・・・・AKBの曲なのに・・・・欅のセンターセンター!
もうヤバイです・・・ついに欅の力を借りないといけないレベルに落ちてしまったのかAKB?

MVのショートバージョンが公式で公開されましたが、
もはや曲もダンスも衣装も欅そのものですね。
振り付けも欅の振り付けをやっているTAKAHIROさんで、めっちゃキレキレのダンスです。

MVを観て頂ければわかると思いますが、「完全に平手ワールド」
平手さんの存在感と表現力が圧倒的すぎて他に目がいかないです・・・・・・・

なんて怖ろしい子なの?

とにかく観てみて下さい!(完全版が観た過ぎて買ってしまいそう・・・・)
出来ればフルスクリーンで。






普段の平手さんはこんなにキュートなんですよ~





音楽 | 22:28:59 | Trackback(0) | Comments(0)
ゆいちゃんず。
いい年こいてとうとうアイドルにまで手を伸ばしてしまったかと、ちょっと引かれているTakaseですが何か?
と、しょっぱなから何故か逆ギレでスミマセン。

いや、言っときますけど、欅だけですからね、そして彼女たちが他のアイドルグループみたいに腐ったら(おっと、)応援やめますよ、当然。

で、前回紹介しそうでしなかった「ゆいちゃんず」を紹介したいと思います。
「欅だけじゃねーのかよ!?」
いやいや、この「ゆいちゃんず」は欅坂46の中の2人で結成したフォークデュオなんですよ。

今泉佑唯(いまいずみゆい)ちゃんと、小林由依(こばやしゆい)ちゃんなので「ゆいちゃんず」。

さっきフォークデュオって書きましたが、まさしく70年代前後のフォークソングを意識した楽曲を、二人でギターを弾きながら歌います。
今のところ、シングルのカップリングとして「渋谷川」「ボブディランは返さない」の2曲しかありませんが、どちらもなかなか良い曲で気に入っています。

悔しいけれども秋元氏の歌詞が秀逸で、具体的過ぎず、曖昧すぎず、聞いていると情景が浮かんでくる感じなのが良いですね。
昔のフォークや歌謡曲ってそうでしたね。
詩がちゃんと頭に入ってくるような歌って最近は少なくて、ノリとリズムだけしか頭に入ってこないというか、日本語かどうかすら分からないような早口だったり、リズムに合わせるために文章をヘンなところで切ったりして、言葉が大事にされていない気がします。
いや、全部と言っているわけではないですよ、ちゃんと丁寧に作っている歌だって当然あります。

まあ、ぶっちゃけ、昭和生まれのいい年したおっさんだからノスタルジーに浸りたいだけなんじゃないのか?と言われればそんな気もしますけど、とりあえずちょっと聴いてみてくださいな。

公式MVは残念ながらショートバージョンですが、曲の良さは伝わると思います。

「渋谷川」




「ボブディランは返さない」
MVが無いのでレコチョクの試聴をどうぞ。(サビからですが)
→ レコチョク試聴ページ





音楽 | 02:20:20 | Trackback(0) | Comments(4)
欅坂46
以前に「二人セゾン」という曲が良いと紹介した欅坂46
AKBのようなグループとは何か違うものを感じて興味が湧きました。

デビューシングルと2ndシングルのMVがYoutubeの欅坂46公式チャンネルにあったので観てみたのですが、

・・・・・圧倒されました。

二人セゾンでの華やかなイメージとは違う、激しくてメッセージ性の強い楽曲と予想外なほどのクールでダイナミックなダンス。
可愛い顔して可愛い動きをしてれば何とかなるだろうと思っているありふれたアイドル達は危機を感じた方がいいと思います。
彼女たちはガチです。
出演している番組などもチェックしてみたのですが、普段の彼女たちは嫌味のない素直で可愛らしい普通の女の子です。
ですが、いざパフォーマンスとなると怖ろしいほどの気迫でまるで別人のよう。
このギャップが凄いなあと思いました。
年末の紅白に出演した時の「サイレントマジョリティー」はカッコよすぎて鳥肌でした。

keyaki46_01.jpg

欅坂46は「46」という数字が付いていますが、メンバーは21人です。
パフォーマンスの魅力の一つが、この21人全員が行う圧巻のダンスですね。
アイドルらしいふりふりしたダンスではなく、ストーリー性のある「カッコイイ」ダンス。
ビシッと揃っていて彼女たちの「努力」がはっきりと想像出来るクオリティです。

・・・・・ここで一言言っておきますけど、自分はアイドルオタクではありませんよ。

そして、やはり欅坂のセンターを勤めるメンバー最年少の中学生、平手友梨奈さんの存在感と表現力、カリスマ性はズバ抜けていますね。
最年少でセンターという想像を絶する重圧にも負けない、何か「覚悟」のようなものを感じます。
髪を振り乱し、睨みつけるような目つきで強烈な歌詞をぶつけて来る様は「ホントに中学生か?」って思います。

keyaki46_02.jpg

スターというのは正にこういう人なんでしょうね。年齢は関係無いんだなと思ってしまいます。
欅坂46はデビューして1年経っていないにもかかわらず、この完成度の高さは「怖ろしい子。」としか言いようがありません。
秋元ファミリーの諸先輩方はそろそろヤバイと思う今日この頃。
秋元氏もおそらく抱えているアイドル達のグダグダっぷりに対して、ついに最終兵器を出してきたと思われます。
この子たちを見て危機感を覚えないアイドルは生き残れないでしょうね。

昨年夏には欅坂46の主演ドラマ「徳山大五郎を誰が殺したか?」も放送されていました。
現在はアマゾンプライムビデオで視聴出来ます。(プライム会員のみですが)
これも面白いのでおススメです。

欅坂46、急勾配をさっそうと駆け上がる彼女たちをしばらく応援していきたいと思います。

秀逸なMVも観てみてね。

デビューシングル「サイレントマジョリティー」



2ndシングル「世界には愛しかない」



カップリング曲ですが個人的にダンスがカッコ良くて好きな「語るなら未来を・・・」



そうそう、欅坂46の中にグループ内ユニット「ゆいちゃんず」というのがあって、
・・・・・・・・・・長くなるのでまた後で書きます。





音楽 | 02:48:15 | Trackback(0) | Comments(2)
次のページ

FC2Ad