FC2ブログ
 
■プロフィール

Takase

Author:Takase
初代ファミコンからPCまで、ゲームを愛する男。
レトロゲームバンザイ!
ゲームも作ってるよ。

■訪問者数

■最近の記事
■最近のコメント
■月別アーカイブ

■最近のトラックバック
■カテゴリー
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
ロストワールド。

1988年にアーケードに登場したカプコンのシューティングゲーム、「ロストワールド」。
この頃のゲーセンは次々と新しいゲームが発売され、華やかな光を放っていた。
そしてその中でも美しいグラフィックと様々なアイデアでこのゲームは人々を魅了した。
まずコントロール系が一風変わっていた。ノーマルの八方向レバーと、ローリングスイッチという360度クルクルと回転する大きな攻撃ボタンが付いていた。
プレイヤーは360度に攻撃出来るようになっており、ローリングスイッチを押しながら回転させるとショットを撃つ方向を変えることが出来る。
さらに主人公の周りを自在に回転する「サテライト」(基本で付いているオプション)をコントロールするのにもこのローリングスイッチを使用する。スイッチを押さずに回転させるとサテライトがプレイヤーを中心にして円運動を行い、スイッチを押し込んだ状態ではその位置に固定される。
このサテライトは小さいながらも敵弾を消すことが出来るのでちょっとしたシールドにもなる。

各ステージはスクロール方向が変わったりして飽きさせない。途中に美人の店員が武器を売ってくれるショップもあり、さまざまな武器を手に入れることでパワーアップしていく。
ゲーム後半に出てくる「ホーミングレーザー」は初めて見たときに驚いた記憶がある。

出てくるボスたちも個性的なものばかりで面白かった。
制作スタッフがかなり「北斗の拳」好きとみえ、ラオウそっくりの巨大ボス「武神」やライガ、フウガそっくりの「雷神」「風神」などが登場する。
ラスボスの「天帝」はとんでもない数のレーザーを撃ってくる怖ろしい奴だった。

わりと高難易度のゲームだったが途中のデモのクサい台詞や漢臭さムンムンの硬派なフンイキにすっかり惚れて、かなりやり込んだ。
間違いなく今でも通用する良作ゲームの一つだ。

ちなみにファイナルファイトにでてくる「トゥーピー」というザコキャラはこのゲームの2Pそっくりだった。(そういえばこのゲームの主人公は名無しだった!)

出来ん!



スポンサーサイト



レトロゲーム | 18:06:09 | Trackback(0) | Comments(8)