FC2ブログ
 
■プロフィール

Takase

Author:Takase
初代ファミコンからPCまで、ゲームを愛する男。
レトロゲームバンザイ!
ゲームも作ってるよ。

■訪問者数

■最近の記事
■最近のコメント
■月別アーカイブ

■最近のトラックバック
■カテゴリー
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
最近の・・・
モバイル関係で多い「課金」システム。

大嫌いです。

ゲーム業界を破滅に追い込む悪の根源だと思っています。

金儲けのためのシステム。

金が儲かれば良いという考え方、その為には手段を選ばずにとにかくユーザーが金を出したくなる要素だけを追求するというプライドの無い方向性。

反吐が出ます。

これは完全にゲームを金儲けの手段としてしか考えていない最低の発想です。

そこにはゲームに対する愛は微塵も無く、荒れ果てた砂漠のような荒野しか存在しない。

この流れは一過性であって欲しいと思う。

これが当たり前になってしまうようではゲーム業界もいよいよ終焉を迎える事となるだろう。


そして一番情けないのは制作する人間が、金儲けを一番に考えて安易な方向でゲームを作る事だ。
例えて言うなら最も金になりやすいエロゲーム。

これは時代に関係無くこの世に男が居る限り安定して儲けられるジャンルであり、最も安易な物でもある。
まあ、需要はある事だし、どうしても金が欲しいならそういう物を作って売っても別に良いと思う。
これは個人の価値観の問題でもあるし、信念を持って制作している人もいるだろう。
それに関してどうこう言うつもりはないが、単に「金が儲かるから作る」という理由なら情け無いとしか言いようがない。

自分はビデオゲームは一つの文化であると考えている。
それはビジュアル、音楽、ストーリーをプレイヤーが自分の意思でそれらに関わり、一人一人が違った物に紡ぎ上げる一つのアートであるという物。
まあ、ゲームは個人個人で考え方は違うし制作する側も色々と事情や信念もある事と思う。
一概に金儲けはダメと言うのも筋違いだと思う。

が、このままではアーケードゲームは完全に終わると思う。

悲しいけれど。

でも、それでも自分は安易な金儲けのゲームは作りたいとは思わないし、そんな物で有名にもなりたくない。
あくまでも、ゲーム業界のスキマに石を投げて波紋を広げる物を作って行きたい。
メジャーにならなくても、ゲームの世界に何かしらの影響を与えるような活動をして行きたいと思うのです。

とりあえず、DF発表後の2006年以降には荒いドットの良さは再認識して貰えたのではないかと思っている。
石を投げて波紋を起こす事が次へのステップ。

そういう意味で今絶滅に瀕しているシューティングゲームを制作しているのです。
金は欲しいが二の次。どうせ自分の作る物では金儲けには繋がらない。
それでも良いんです、波紋が起こせるのであれば。
自分のゲーム発表前後に縦長のシューティングが沢山出てきても一向に構わない。
むしろ歓迎、そのために作ってる。

現在のゲームセンターはもう昔の物とはまるで違う、
ビデオゲームが廃れるのが自分にとっての人生の終わり。
何とか繋げて行きたい。そう願うだけです。










スポンサーサイト



日々のこと | 05:40:40 | Trackback(0) | Comments(4)