FC2ブログ
 
■プロフィール

Takase

Author:Takase
初代ファミコンからPCまで、ゲームを愛する男。
レトロゲームバンザイ!
ゲームも作ってるよ。

■訪問者数

■最近の記事
■最近のコメント
■月別アーカイブ

■最近のトラックバック
■カテゴリー
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
前回に続き・・・
引き続きゲーム業界の悲しい現実。

業界を支えているゲームクリエイター達も思っていた以上にマニア寄りで、一般人はゲームやっていて当たり前という前提で作っているとしか思えません。
皆ドラクエとFFはプレイした事があって波動拳コマンドくらいは入れられる。あと、スネークって言ったらメタルギアに決まってるでしょ!みたいな。(スネークって言ったらニューヨーク1997だろ!!)
ゲームのコントローラーすら持った事がない若者がいるなんて考えた事もないのでしょう。
どんどんライトユーザーを無視した複雑でマニアックでプレイにやたらと時間が掛かるゲームばかり作っていってます。そして追加コンテンツ(有料)の嵐。

最近のPS3も「基本無料」のゲームがちらほらと出現してきていますが、結局「課金前提」の作り。
この商法は詐欺に当たらないのかといつも疑問に思います。
取りあえず途中までゲーム出来たら販売して続きは追加コンテンツとして金取りましょうみたいな流れになって来ている気がします。

一つのゲームの追加コンテンツでいくらでも金を搾り取ってやろうというヤクザのような発想がホントにキライです。
結局普通にパッケージで売られているその辺のゲームを買うより高くついてしまうという罠。

追加キャラ一体600円とか追加コスチューム数人分1セット1500円とか、名前は言いませんが某おっぱい揺れ格闘ゲームはざっと計算しても全部買うと3万は軽くオーバーします。
まるで「この壺買うと運気アップしますよ、はい300万ね。」というレベルです。
誰も文句言わないのはおっぱいが揺れてパンチラが見れるから。単純にそれだけです。エロ万歳ってわけです。

先日久々に会ったモバイル系の制作会社に勤めている友人が「そんな金額でも買う奴いるんだよ~」って凄く悲しんでました。
...
こういう業界の流れが続くと、いつか正気を取り戻したユーザーがパッタリとゲームを買うのをやめてしまうような気がしてなりません。

そしてゲーセンがつまらなくなった大きな理由の一つに「筐体の価格の高騰」もあると思います。
昔のアーケード筐体は基盤さえ換えればいいだけの単純なものでした。
しかし現在はネットワークに接続することが基本で、そのための設備と専用筐体、カード販売機など、設備投資だけでも相当な金額になってしまいます。そのせいで個人経営のゲームセンターはどんどん減り、セガやタイトー、ナムコなどの直営店ばかりになってしまいました。直営店なので当然置く機械も同じようなラインナップになり、違いといえばUFOキャッチャーの景品くらい。
個性的な品揃えのゲームセンターはほぼ皆無になってきています。

こうなったらインディーズの制作者達がこぞってアーケード用のインディーズゲームを作り、それぞれの地域でインディーズゲーセンを作るというのはどうでしょうか?問題が発生した時のためになるべく制作者が対応に行きやすい場所限定で。
もしくはWindowsベースのアーケード筐体を作り、ゲーセンに契約で置いてもらうようにしても良いかもしれませんね。昔のロケテストみたいでそこにしか無いゲームがあるってワクワクしませんか?
そういう新しいシステムが出来ればもっと尖がったゲームやバカゲーなどがアーケードに復活して盛り上がるのではないでしょうか?

かつて「PONG」というビデオゲームの始祖ともいうべきものは、テスト的にバーに置かせてもらった所、制作者の想像を遥かに超えた人気となり、それからビデオゲームという文化が始まったのです。



スポンサーサイト



未分類 | 16:55:46 | Trackback(0) | Comments(4)