FC2ブログ
 
■プロフィール

Takase

Author:Takase
初代ファミコンからPCまで、ゲームを愛する男。
レトロゲームバンザイ!
ゲームも作ってるよ。

■訪問者数

■最近の記事
■最近のコメント
■月別アーカイブ

■最近のトラックバック
■カテゴリー
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
ダブルドラゴンネオン!
最近ミカドでもダブルドラゴンをやっているので、結構前に発売されていたPS3のダウンロード専用ゲーム「ダブルドラゴンネオン」を購入してみました。

ベルトスクロールアクションのシステムは変わらず、キャラクターを今風に3Dポリゴンで表現しているので滑らかに動きます。
相変わらず主人公の恋人の「マリアン」が悪党にさらわれて助けに行くという分りやすいストーリー。
主人公ビリーも冒頭で「またかよ!」って叫ぶところがナイス!!
今回マリアンをさらうのは謎のガイコツ魔人「スカルマゲドン」
強面のくせに甲高い声で間抜けな台詞を吐く憎めないヤツ。

今回は戦闘スタイルが少し変わっていて、パンチ、キック、ジャンプの他に、専用ゲージを使用して繰り出す大技があり、倒した敵が時々落とす「カセットテープ」を拾う事で技やステータスが成長するという要素があります。
なぜ敢えて「カセットテープ」なのかというと、この「ダブルドラゴンネオン」の世界観が80年代を意識して作られたからだという事のようです。
ステージ2のBGMも80年代のディスコミュージックで実際にあったんじゃないかって思わせるようなハイクオリティな歌が流れます。

残念ながら最強の必殺技「肘打ち」はありません・・・・・・・・が、実はちゃっかりゲージ技の中に肘打ちで攻撃する技があるのです。

本家同様、ファイナルファイト並みの素早い攻撃はありませんが、敵の攻撃もそれなりなので困る事はありません、かといってモッサリしているかというとそうでもなく、中々爽快にプレイ出来ます。うまいゲームバランス。
ステージクリアする度に今までクリアしたステージに戻ったりも出来るので、敵が強いなと思ったら前のステージに戻ってステータスを上げてまたチャレンジ出来るのでとても親切です。

これをプレイして感じる事は、とにかく制作チームが「ダブルドラゴン」が好きでたまらないんだな、という事です。
これはリメイクする上でとても大事な事で、オリジナルに対する「愛」と「リスペクト」が無ければ、ほぼ100パーセントダメなクソゲーになって「黒歴史」扱いになってしまうという現実。
しかしこのゲームは価格以上に楽しませてくれる良作です。(オリジナルがあるので名作とまでは言いません)

ダブルドラゴンを好きなユーザーなら色んな意味で楽しめると思います。
色々ツッ込んだりニヤリとしたりと最後まで楽しんでプレイ出来ました。
アボボもちゃんと緑色のヤツがいるし。あと主人公が敵にリメイクされて襲ってきたり・・・(??)

abobo.jpg


そして先ほども触れましたが、このゲームはサントラが凄く良く出来ています。
一切手抜きなしという感じです。
いいサウンドチームを使っていますね。クオリティが高いです。
個人的に一番好きな2面のディスコミュージック、昔一世を風靡したブロンディが当時歌っていたんじゃないかと思わせる程のレベル。背景のネオンサインの光に良く似合います。
あとラストの敵の本拠地で流れるBGMは「燃えよドラゴン」を髣髴とさせる、と言うかもうまんまコレがやりたいんだなという事が分り過ぎる素晴らしい曲でシビれます。必聴!!

元祖ダブルドラゴン自体がブルース・リーの映画をイメージしたゲームを作りたかったという事なので、この制作チームはちゃんとその辺も押さえているという事ですね、さすが。

エンディングの曲(歌)も、負けたラスボスが悲哀を込めて歌う歌なんですが、「ボヘミアン・ラプソディ」で有名なプログレバンド「クイーン」をパクり・・・・じゃないイメージした歌で、ちゃんとダブルドラゴンのテーマ曲のメロディを使いつつイイ感じにアレンジしている職人技とも言える凄い出来。もうニヤニヤが止まらないです。
歌詞にも自分の部下の名前が出てくるし・・・・・アボボとか言ってる・・・・・・もうダメ・・。

いや、予想以上に楽しめました。
久々に何度もプレイしたくなるゲームでしたね。
これで1500円ならお買い得と言ってもいい出来です。

最近いいゲームないな~と思っているなら是非!
ちなみに体験版もありますよ。でも出来れば最後まで楽しんで頂きたい!!結構ボリュームもあります。








スポンサーサイト



PS3 | 05:12:33 | Trackback(0) | Comments(2)