FC2ブログ
 
■プロフィール

Takase

Author:Takase
初代ファミコンからPCまで、ゲームを愛する男。
レトロゲームバンザイ!
ゲームも作ってるよ。

■訪問者数

■最近の記事
■最近のコメント
■月別アーカイブ

■最近のトラックバック
■カテゴリー
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
新宿に行ってきました!!
予定通り、新宿の「シネマート新宿」にて「クラッシャージョウ」を観て来ました!

cinemart_01.jpg

行って良かった!すごく良かった!

上映前の主役2人のトークも面白く、アルフィン役の佐々木るんさんが今でも可愛らしい声をしていらして、とてもキュートでした。
一方のジョウ役の竹村拓さんは陶芸家みたいな出で立ちで声も渋いおじさんになっていました。今の声聞いたらおそらくジョウだとわかりませんね。

この映画を観るにあたって、予習のたぐいはあえて一切しませんでした。パンフレットも写真を撮るときに開いただけで中身は読んでません。最初に観たときの感動を味わいたくて、あいまいな記憶のまま行きました。
もう大正解でした。新鮮な気持ちで最初から最後までハラハラドキドキしながら楽しめました。

そしてこの映画、沢山の漫画家やアニメーターとコラボしていて、メカニックやちょっとしたキャラや衣装のデザインを鳥山明さんやら竹宮恵子さんやら大友克洋さんなど、今では考えられないような大御所が多数携わっているんですよね、って観ながら思い出しました。そして色々な場面に隠れキャラがいたりして、かなり遊び心もあります。シャアとララァが街で腕組んでいたりとか。

敵のボス、マーフィーを演じていた大塚周夫さんは先日訃報が伝えられました・・・・また偉大な声優が天に召されてしまいました。とても残念です。

マチュア役の武藤礼子さんももう他界していますが、この方の声はホントに好きで、知性と色気の両方を兼ね備えた、このキャラクターにピッタリの配役ですね~。たまりません。ホントに艶っぽい、でもエロではない、絶妙な色気があるんですよ。
観ながらずっとドキドキしてました。

すっかり忘れていた名場面、敵の四天王の一人、怪力バカのロキとタロスが最初に戦う場面のタロスの台詞、「すげえ、俺よりひでえ顔だ」をマジ顔で言う所で大爆笑してしまいました。もちろん会場全体で大爆笑。

今観てもストーリーも良く、作画も綺麗でアクション要素もたっぷりのSF娯楽大作だと思いますね。
やはり大画面で観るのはイイ。映画は映画館でこそ本当に楽しめると思います。

ちょっと気になった事といえば、まあ画質は良かったんですが、オリジナルのフィルムを上映したのではなく、BS放送用にデジタルリマスターしたものを上映したようなのです。
なので時々結構目立つブロックノイズが入るシーンがあって、1983年に行っていた魂が急に現代に引き戻される感覚に見舞われました。まあしょうがないといえばしょうがないんですが。
あと、音響が少し悪かった気がします。たしか元々モノラルなので音質が良いとは言い難いのですが、ちょっと音量が大きい場面では耳障りな音割れがありました。

劇場で今回のイベントのために劇中に登場するジョウとアルフィンが乗る「ファイター1」と「ファイター2」の完成模型が販売されていたんですが、高くて買えませんでした・・・・12000円て。

cinemart_02.jpg

そして会場は予想通りの40代ばかりで何となく安心。
トークに来てくれたお二人もなんと自分の席の2列後ろという近い所で観ていたようです。
上映が終わった後、会場内は凄い拍手の嵐で、主演の2人が会場を後にするまでずっと拍手が鳴り止みませんでした。
いや~ホントにいいイベントでした。

1000年女王も早く上映が決まればいいなあ。
決まったら絶対行きます。ちなみにこれもパンフレット出てきました。さすが俺。

P.S.
音声がモノラルだと書きましたが、オリジナルの劇場版はステレオでした。パンフに書いてありました。
あれ?でも会場の音声は明らかにモノラルだったんですが・・・・・・なんで?


スポンサーサイト



映画 | 02:16:58 | Trackback(0) | Comments(0)