FC2ブログ
 
■プロフィール

Takase

Author:Takase
初代ファミコンからPCまで、ゲームを愛する男。
レトロゲームバンザイ!
ゲームも作ってるよ。

■訪問者数

■最近の記事
■最近のコメント
■月別アーカイブ

■最近のトラックバック
■カテゴリー
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
4年目の3月11日。
東日本大震災から4年目の3月11日になりました。
犠牲になった方々のご冥福を心よりお祈り致します。

2011_miyako01.jpg

去年と同じような内容になってしまいますが、また書きたいと思います。

それまでは自分の住んでいる町や思い出深い場所が消えてしまうなんてこれっぽっちも考えた事はありませんでした。
大勢の人が犠牲になり、地元でとても良くしてもらった海の家のご夫婦の奥様が亡くなられたと聞いた時はひどくショックを受けました。
ご主人から色々な話を聞いて、自宅も流されてしまっている状況でもなんとか支えてくれる沢山の人達や娘さんと一緒に海の家を続けていくという気持ちに感動しました。

2011_miyako04.jpg

海と共に暮らしてきた人達というのは、海の豊かさも知っていますが、同時に怖ろしさもよく知っています。
自然をよく知っている人達は、自然が予告なしで命を奪うということを充分理解して自然と共に暮らしています。
ちょっと海や山に遊びに行く程度の我々には無い「覚悟」のようなものを持っています。
そして、決して自然に対して恨んだりすることは無く、いつでも自然を愛して敬っています。

災害の無い場所に暮らしている人達が「そんな危ない所に住まないようにすればいい」と言うことがありますが、どこに住んでいようと予測不能の災害は起こるものです。大事なのは起こった時にどうするか、という事だと思います。
被災地で問題なのは、被災した地域を住居不可に指定してしまうこと。
家が流された上に土地まで奪われてしまうのは被災者にとってどれだけ大きな損失になるか、役所はまるで考えていません。
リスクから逃げることばかり考えています。
そうではなくて、避難ルートや施設をしっかりと再構築した上で、また住みたいという人には住むための補助をするのが本当の復興支援だと思うのです。
4年経った今でも、仮の住居で暮らしている人達が大勢います。

それから、この震災でとても心に突き刺さった言葉があります。
「やらぬ善よりやる偽善」
たとえ気持ちが無くても、何かを期待していたとしても、そこに行って手を貸すという事は、凄い事なんだと痛感しました。
地元を心配しながらも、現地に行って手伝えない自分が悔しく、恥ずかしく思いました。
そして日本全国から集まってくれたボランティアの方々にはありがたいと思う気持ちで一杯でした。
当時は募金や行方不明の親戚の避難場所を探すことくらいしか出来ませんでした。

忘れないためにも、当時の写真を載せておきます。
2011_miyako02.jpg
2011_miyako03.jpg


スポンサーサイト



日々のこと | 06:40:46 | Trackback(0) | Comments(4)