FC2ブログ
 
■プロフィール

Takase

Author:Takase
初代ファミコンからPCまで、ゲームを愛する男。
レトロゲームバンザイ!
ゲームも作ってるよ。

■訪問者数

■最近の記事
■最近のコメント
■月別アーカイブ

■最近のトラックバック
■カテゴリー
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
不満です。
なんだろう、最近の洋画の吹替え。

洋画を観る時に吹替えで観るのが結構好きなんですが、最近のDVDやブルーレイの吹替えが、

・・・・・・なーんか、不満。

先日、アマゾンでなんとなく懐かしくて買った「TOP GUN」のブルーレイ、主役のトムクルーズの声が、

・・・えっ!

・・・・・・・・はあ?

誰だこの安っぽいチンピラは!?

うわああああーーイメージぶち壊しーーー。

ごめんなさいもうムリです。ポチっ。

えーと、まあ多分安い声優を雇ったんだと思いますが、返品レベルです。

興味ある方はレンタルとかで確かめてみて下さい。

「グランドマスター」(ストライダー飛竜じゃなくて)も買ったんですが、

主役よりも主役の(?)チャン・ツイイ演じるユーメイ、じゃなかったルオメイの声も、役柄のイメージと全然違く、ただのツンツンした女の喋り方で、イマイチでした。もっと深い役柄なのに。

昔の洋画の吹替え声優さんって、結構劇団上がりの方が多くて演技が上手かったですよね。
でも今のアニメ声優が吹替えをやると、なんと言うか、アニメキャラになってしまう。

分かりやすく言えば、アニメの声優を俳優がやると物足りなく聞こえる感じ、それの間逆の現象で、
人間が演じているドラマの喋り方がアニメチックだと凄く変に聞こえる、という感じですね。
まあ「TOP GUN」の場合はそれ以前の問題なんですけど・・・

要は、アニメはアニメの喋り方があり、ドラマにはドラマの喋り方がある。
それをゴッチャにしてしまうと、お互いの世界がぶち壊しになってしまう、いい作品も、駄作になってしまうくらい重要な要素だと思うんです。

ここいら辺を、イマドキの声優さん達には勉強していただきたいなあ、と思うわけです。

・・・金返せ「TOP GUN」。
関連記事
スポンサーサイト





日々のこと | 06:41:13 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する