■プロフィール

Takase

Author:Takase
初代ファミコンからPCまで、ゲームを愛する男。
レトロゲームバンザイ!
ゲームも作ってるよ。

■訪問者数

■最近の記事
■最近のコメント
■月別アーカイブ

■最近のトラックバック
■カテゴリー
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
田老のかりんとう
3月11日の震災で町が全て流されてしまった田老町。
スーパー堤防があった町といえばわかりやすいかもしれません。

その町に古い和菓子屋さんがありました。

「田中菓子舗」

ここのかりんとうは本当においしかった。
普通かりんとうといえばいわゆる犬のウン○みたいな形なのですが、ここのかりんとうは全く別の形をしています。
例えるならばおっきい「耳」。そして表面には渦巻き模様と、一般的なかりんとうのイメージを完全に破壊するもうアートと言ってもいいレベルのお菓子なのです。

そして恐るべきはその「味」。
一口食べて「超ウメー!!!」と叫ぶような菓子は、大抵すぐに飽きてしまうもの。
しかしこれは甘過ぎず、あっさりし過ぎず、絶妙なバランスで、一枚食べたらあっという間に一袋。
まるで食べようとした瞬間にキングクリムゾンの能力で時間をすっ飛ばされ、食べた実感も無いまま一袋食べ終わっている、といった具合。(意味分からない人ゴメンナサイ)

やめられないとまらない感はかっぱえびせんの比じゃありません。

これを書いている時点で既に一袋いってしまいました。ノオオオオ・・・・

た、確かに一袋に入っている量はたいしたことありませんが、ホント一瞬ですよ。一瞬。

そう、今食べている、ということは、つまり、その「田中菓子舗」さんが復活したという事なのです!
震災以降、ずっと心配していました。このお店には根強いファンが多く、復活を望む声が多かったと聞きます。
昨年あたりから新工場ですこしづつ生産を開始したということだったのですが、なにせ新しい設備ということでなかなか生産スピードが思うように出せず、すぐに売り切れになってしまい、地元でもレアなお菓子でした。

たまたま以前ネット販売していた「道の駅たろう」のHPを見てみると、なんと、通販が復活しているではありませんか!!!
早速一箱注文し、まあ一週間くらいは待つかなと思っていたら、すぐに発送していただけました!!

もう、なんてゆうか、幸せです。

震災前に何度か職場で配ったことがあるのですが、食べた人は例外無く虜になってしまいました。
自分で電話注文する人もいたぐらいです。

家に持ち帰った人は、食べようと思って置いておいたら、家族が全部食べてしまっていた、という事例が何件も報告されました。おそろしや・・・・

今回も職場の同僚に配ったのですが、やはり持って帰って家族に食べられるのが心配だと言っていました。
 
試しに食べてみたい方はココからどうぞ。
一箱10袋入りで、4200円、送料、代引き手数料込みで5250円です。
注文で迷う事は皆無です。コレしか無いんで。

ちょっと高いと思うかもしれませんが、そこは復興支援と思ってポチって下さい。
食べれば納得です。ホントに美味しいですから。

↓こんな感じです。
DSC01587.jpg

↓この黒砂糖が多くかかっているポイントが「ハッピーゾーン」です。(勝手に命名)
DSC01590.jpg


関連記事
スポンサーサイト


日々のこと | 08:02:31 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad