FC2ブログ
 
■プロフィール

Takase

Author:Takase
初代ファミコンからPCまで、ゲームを愛する男。
レトロゲームバンザイ!
ゲームも作ってるよ。

■訪問者数

■最近の記事
■最近のコメント
■月別アーカイブ

■最近のトラックバック
■カテゴリー
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
ダブルドラゴンが!
なんと高田馬場ミカドにダブルドラゴン稼働中です。

1987年に今は無きテクノスジャパンが熱血硬派くにおくんを海外向けに進化させたベルトスクロールアクションです。
さらわれたヒロインをリー兄弟が助けに行くというベタな内容ですが、最初にヒロインが敵のギャングに担がれて行く時にパンチラしているのがちょっとエロくて男子は「助けに行かねば!」と奮い立ったものでした。
当時はかなりヒットしました。日本はもちろん海外でも大ヒットして映画化までされたという凄いゲームです。
かのファイナルファイトもこのダブルドラゴンのヒットを受けて制作されたというほど、まさにベルトスクロールの基礎を作ったと言っても過言ではありません。
二人同時プレイが可能で、なんと最終面、ラスボスを倒した後にヒロインを奪い合って1Pと2Pで勝負しなければならないというハードなストーリーがプレイヤー達を驚かせました。

当時はかなりプレイしました。このゲームは敵キャラが賢くて、こっちのパンチの射程ギリギリでかわすので当たらないったらありゃしない。当たってもほぼ相打ちであっという間にゲームオーバーというなかなか手強いゲームでした。

しかし、ある攻撃を使うことによって割と簡単に進めることが判明してしまい、全面クリアしやすくなってしまいました。

その究極の攻撃とは・・・・・「肘打ち」
パンチボタンとジャンプボタンを同時に押すことで後方を攻撃するこの肘打ちは、敵がよけない上に攻撃判定が出ている時間が長く、さらに敵をダウンさせられるという、超強力な攻撃なのです。
しかもファイナルファイトみたいに体力ゲージを使用したりせず、出し放題。

おそらく当時遊んでいた人には「ダブルドラゴン=肘打ち」というイメージがあると思います。そのぐらい有名。

久々にプレイしてみると、やっぱり難しい・・・・・。
肘打ち出そうとしてうまく同時押し出来ず、ピヨーンとジャンプしてボコボコに殴られるという結果に。
しかもキャラが3人くらい出てくると思いっきり処理落ちして操作がうまく出来ないという・・・・。
昔はこういうの平気でやってたんだなあと、変な感慨にふけってしまいました。
結局3面までしか行けませんでした・・・ショボン。

今度はもっと進んでみせるぜ!だからまだ撤去しないでねミカドさん。
DDragon.jpg




関連記事
スポンサーサイト





ミカド | 02:37:12 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する