■プロフィール

Takase

Author:Takase
初代ファミコンからPCまで、ゲームを愛する男。
レトロゲームバンザイ!
ゲームも作ってるよ。

■訪問者数

■最近の記事
■最近のコメント
■月別アーカイブ

■最近のトラックバック
■カテゴリー
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
タイヤコウカーーン!!
とうとう始まりました、「仮面ライダードライブ」

個人的には中々面白かったと思います。
登場人物がそれぞれキャラが立っていて、1話目からすんなりドラマに入っていけました。
まだ始まったばかりなので色々な謎がありますが、これからどんどん明らかになって行くでしょう。

衝撃的だったのが、冒頭でチラッと出てきたドライブに良く似たシルエットの戦士。
いきなりバイク(!!)で登場していました。
これはかなりヤバいネタバレなのでは!?
それから胸にはタイヤがはまっておらず、頭のウイングが無い!角みたいなのはありましたが・・・。
これは一体誰なんでしょう?超気になります。

「重加速=どんより」もどんな現象なのかやっと分ってスッキリです。
敵が基本的に持っている能力で故意に起こす現象なんですね。
おそらく一定範囲の人間の知覚だけを加速(クロックアップ)させ、自分達は知覚と身体も加速させる。カブトのクロックアップに近い能力ですね。
ただ、自分達だけクロックアップすれば人間に見られることも無く悪さ出来るわけですから、重加速現象は自分達が加速した時にナゼか人間の知覚もつられて加速してしまうという不完全な能力とも見て取れます。

戦闘中は周りの世界がゆっくりになるカブトのクロックアップ的な演出もこれから出てくるんでしょうか?ワクワクです。

どんよりの中で霧子ちゃんだけ何で普通に動いてんの?って思ったら、シフトカーを身に付けているからだったんですね。
ドライブに残りのシフトカーを投げて渡した瞬間から動きがゆっくりになっていました。細かい演出!

敵であるロイミュード達に付いているナンバーはどんな意味があるのでしょう?
数字自体に生命があるような感じでしたね。

ドライブの存在は警察にも秘密だったとはちょっと驚きでした。
てっきり警察が特殊装備として作った物だと・・・・・・・。
ベルトさん、霧子、装備を作った人物、冒頭の謎のライダー(ライダー!)、秘密だらけで続きが気になります、

タイヤ交換もなかなか面白い演出です。日本語で「ターイヤコウカーン!」って、最高だこのやろう!
交換したタイヤが必ず敵に当たるのイイですね~「あだっ!」って感じでよろめく敵、すごくイイ!!
発売中の特撮専門誌「宇宙船」にはさらにヤバイ交換タイヤの情報が!!それタイヤじゃない!!(ヒミツ)
いつ出てくるんだろう・・・いやビックリした。

タイプスピードの「加速」、某アクセルの「トライアル」状態でカッコいいですね。
アクセルみたいなスピードメーターのエフェクトが出てイイ感じです。
必殺技もかなり派手でしたね。まさか車が周りをグルグル走って壁を作るとは!
しかし王道であるキックで倒す所はやはり「仮面ライダー」そのものでした。

今回いいなって思ったのが、戦闘中にタイヤ交換の説明をうけた進ノ介が、
「いいね、走りに幅が出る。」
と、言うシーンです。
台詞の言い方が、凄くナチュラルで、「これは勝てるな」って自然に思えてくるいい演技でした。

霧子ちゃん、キュートですね~。
キレイな顔なのに笑わない、そしてやたら身体能力高い、しっかり主人公をサポート、これは信頼できる相棒ってやつだ!そしてカワイイ。綺麗。綺麗カワイイ。
実は素手でも全然敵を倒せる電人ザボーガーの「大門 豊」並に強い事を期待してます。

最後の方でロイミュードの幹部が悪のシフトカーらしき物を使っていましたが、これはもしかして同じ技術で作られているのでしょうか?まだまだ謎がいっぱいですね。

やっぱり仮面ライダーは動くとカッコいいなと、改めて思いました。
これは期待出来そうだ!!

kiriko01.jpg

関連記事
スポンサーサイト


仮面ライダー | 02:19:15 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad