■プロフィール

Takase

Author:Takase
初代ファミコンからPCまで、ゲームを愛する男。
レトロゲームバンザイ!
ゲームも作ってるよ。

■訪問者数

■最近の記事
■最近のコメント
■月別アーカイブ

■最近のトラックバック
■カテゴリー
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
仮面ライダードライブ第13話。
1月11日放送のドライブ13話「私の弟にはなぜブレーキがないのか」

前回派手な登場をした仮面ライダーマッハこと霧子の弟、詩島剛(ごう)。
なぜか霧子は怒っています、しかも尋常じゃないほど。
どうも弟を心配して、というよりは何で自分がダメで弟がライダーに選ばれたのか、という雰囲気でしたね。
「納得できーーーん!!」の柱蹴りは凄かった・・・・・でもカワイイ。
 
剛は霧子と進ノ介の仲をくっつけたがっているし、それを見たりんなさんの嫉妬が面白かったです。

どうやら霧子たちの両親は既に他界しているようですが、墓のシーン、もっとちゃんとした所で撮影しようよって思いました。
どう見てもその辺の公園にある木の下にさっき置きましたって感じの墓標が非常に残念。
今回の撮影や編集は全体的に雑というか手抜きっぽい部分が目立っていましたね。
墓もそうですが、どんよりのシーンでもスローモーションを使わずに役者さんが一生懸命ゆっくり動いて頑張ってました。
高速度カメラが何かの事情で使えなかったのでしょうか?
それならせめてちょっとCGで何か加工してうまくごまかしてくれれば良かったんですが・・・・・

一方のロイミュード幹部たち、こいつら見てるといつも思うんですが、なんか少人数で一生懸命革命を起こそうとしているかわいそうな人たちっていうイメージが・・・・
大体ヒーローものの悪の組織って凄い施設を持っていて作業員も沢山いて幹部と黒幕はどっしり構えて下っ端の怪人に「ヤツを倒してくるのだ!」って威張っているものなんですが、ハートなんて一応敵のトップなのに下っ端を「友達」と呼んで大切にするし、さらには「手伝おうか?」とまで言ってしまうので、なんかこいつらイイ奴なんじゃないの?って思ってしまいます。
他の幹部がハートのことをメチャクチャ好きなのもうなずけます。

イメージ的には「レ・ミゼラブル」で革命を起こそうと頑張る学生達です。さしずめハートはカリスマリーダーのアンジョルラスですね。そしてチェイスがマリウスでしょうか?
敵ではありますが、「おまえらもっと頑張れよ!」って心配してしまいます。
愛すべき敵役としてわざとこういうキャラクター設定にしているような気がしますね。
ロイミュードは、人間に造られ、人間を憎んでいると同時に憧れているという悲しい存在なのでしょうか。
愛おしくさえ思えるこの敵役たちの今後がとても気になります。

マッハに装備されている重加速発生装置も驚きでした。まさかライダーが使うとは!
まだまだ隠された機能があるのかもしれません。
剛は今回「俺、超短期決戦タイプなんでね」って言ってましたが、ハーレー博士の台詞「マッハは完成はしているがまだまだ危険だ」というのも気になります。完成版なのに危険ってどういうことなのか?
やはり剛のテストドライバー説はまだまだ捨てきれませんよ。

そして来週、どうやらチェイスの正体がわかってしまうようですね、てかもうプロトドライブ確定で。
そんでもってマッハのバイクとチェイスのバイクがまさかの合体!って車になってどうすんだよ!!
せっかく「ライダー」が売りだったのに!!

マッハ登場から物語が一気に加速し始めましたね。
あ、ひとついい忘れました、新しい幹部の「メディック」も、すごくカワイイ!!

買っちゃったかも・・・・・
MachDRV_01.jpg

関連記事
スポンサーサイト


仮面ライダー | 07:02:35 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad