■プロフィール

Takase

Author:Takase
初代ファミコンからPCまで、ゲームを愛する男。
レトロゲームバンザイ!
ゲームも作ってるよ。

■訪問者数

■最近の記事
■最近のコメント
■月別アーカイブ

■最近のトラックバック
■カテゴリー
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
今度は源平が!
秋葉原HEYで、年始に行った時は鳥居付きの神社仕様になっていた筐体が、いつのまにか源平討魔伝になっていました。
このゲームと鳥居の組み合わせは反則気味なほど自然。専用筐体かと思ってしまうほど。

HEY_genpei.jpg

昔は余裕で1コインクリア出来たんですが、いつものルートを完全に忘れていて、何度もプレイしながら少しづつ思い出しました。
この筐体、メインの他にサブモニターが左右に付いていて、しかも筐体とは別に外付けスピーカーまで付いている豪華仕様。
・・・・・・・・けっこう恥ずかしい。
何度も無様なプレイを垂れ流してしまい、ギャラリーの方々とはハラハラドキドキのスリリングな思いを共有してしまうという一体感。(ん?)

3回目ぐらいのプレイではラストの頼朝まで行けたんですが・・・・・・・・・
行けたんです・・・・・・・・・・・

まあ、何ていうか、勝ち負けって事よりもそこまで行けたっていうのが大事なわけで・・・・・・・・・・

わかりました、白状します。

三種の神器を取り忘れました。
正確には「八尺瓊勾玉」「草薙の剣」は手に入れたんですけど、「八咫鏡」がどこにあるのか完全に忘れてしまい、気が付いたら頼朝ステージ。
斬っても斬っても死にましぇーん。
そしてフルボッコにされてゲームオーバーでした。くっそう!

でももう思い出したから次は絶対倒す!それまで撤去しないで下さい、HEYさん!!

ちなみにこのゲーム、実はジャンプボタンを連打するとジャンプ力がアップするという秘密の仕様があるんです。
連射ボタンで試してみるとビックリするくらい高くジャンプします。通常の2倍近くも跳ぶのでアクションステージでは随分と楽になります。さすがレトロゲームを置いている秋葉原HEYさん、ちゃんと連射付きジャンプボタンもしっかり付いていました。
それからマメ知識として、アクションステージで上下に動く石の上では、石が下がっていく時にはジャンプが出来ないという事を覚えておきましょう。適当にジャンプすると、肝心な時にジャンプせず、足を踏み外して地獄行きになってしまいます。

それから義経や弁慶を倒すには弱点である「頭」を攻撃すると大ダメージなのでなるべく頭を狙いましょう。

この頃のナムコはなぜか映像製作に力を入れ始めて、特撮風のPVやら「未来忍者」のような映画製作までやっていました。
「未来忍者」また観たいなあ。
源平のPVも今見るとけっこうチャチくて中々味のあるモノになっていますねえ。

こういう手作り感が出ている特撮は大好きです。景清走ってるだけ。


関連記事
スポンサーサイト


レトロゲーム | 03:25:38 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad