■プロフィール

Takase

Author:Takase
初代ファミコンからPCまで、ゲームを愛する男。
レトロゲームバンザイ!
ゲームも作ってるよ。

■訪問者数

■最近の記事
■最近のコメント
■月別アーカイブ

■最近のトラックバック
■カテゴリー
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
研ナオコというシンガー。
たまたまYouYubeを見ていたらいつのまにか研ナオコさんの歌にたどりついてしまいました。

この人はホント上手いですよね。
何ていうか、歌の本質というか、テクニックだけではなく、詞の内容を理解した上でそれを表現するという本当の意味での「歌」が歌える数少ないシンガーだと思います。

昨今、「アーティスト」というわけのわからない括りで、自分で作詞作曲するミュージシャンが多いですが、どいつもこいつもカラオケのテクニックの自慢のような「カッコ良さげな歌い方」ばかりで、詞も陳腐、メロディーもありがちで全く面白くもなんとも無いです。

個人的かもしれませんが、自分にとって「良い歌」の定義は「聴いていて情景が浮かんでくる歌」なんです。
いわゆるテレビに良く出ているイマドキの若い連中が歌う歌にはそれが無い。

懐古主義と思われるかもしれませんが、昭和の歌には「情景が浮かんでくる歌」が多かった。
シンガーソングライターと呼ばれる人達は実体験に伴う素晴らしい歌を生み出し、歌手と呼ばれる人達は詞と曲のプロが作った歌を理解して心を込めて歌った、そんな時代でした。

最近の歌手(アーティスト)は、歌の本質を全く理解していない人達が多過ぎる気がします。
人に訴えるための歌ではなく、自分を褒めてもらうための歌。
根本的に歌う姿勢が違っていると思います。

それでも本当の意味でのシンガーは確かに居るのですが、中々商業的には認められないという寂しい状況です。

歌に限らず色々なジャンルで問題なのは、「ユーザーの質の低下」だと思いますね。
結局受け手がクソだと売れるものもクソ、ということです。(極論ですが)

ネットで何でも調べられる時代ですが、知識ばかりが先行して実体験が伴っていないという偏った状況だと、人間としての「質」が低下する気がします。

話はそれましたが、最近の歌を聴いていても心が揺さぶられないのはそういう事なのかなと思ったわけです。


関連記事
スポンサーサイト


未分類 | 08:01:44 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad