■プロフィール

Takase

Author:Takase
初代ファミコンからPCまで、ゲームを愛する男。
レトロゲームバンザイ!
ゲームも作ってるよ。

■訪問者数

■最近の記事
■最近のコメント
■月別アーカイブ

■最近のトラックバック
■カテゴリー
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
久々に聴きごたえのあるヴォーカル。
昨日のオートパーラーシオヤの帰りに何気なくラジオを流していたらやけに骨太な女性ヴォーカルのカッコいい曲がかかり、後で調べたら「GLIM SPANKY」というバンドでした。

イマドキのチャラいアイドルグループやゆとりな脳味噌の癒しソング男性グループでカラオケテクニック合戦みたいな日本の音楽シーンでは珍しく直球勝負なゴリゴリのロック。
60~70年代のロックの香りがするのですが、ただの「なんちゃって」ではなく、上手く自分達なりの消化のしかたをしているなあと感じます。
ヴォーカルの松尾レミさんのとても23歳とは思えない、堂々とした迫力のあるハスキーヴォイスから放たれるネガティブで気だるい感情がハートにズンと来ます。
自分流の言い方をすれば、「心の奥底に怒りとも悲しみとも絶望ともつかない暗く真っ赤なマグマの塊を持っている女」の歌い方だと思います。
相方の亀本氏のギターもぶ厚くて凄くカッコいいですね。良いスピーカーで聴きたい。

全然気がつかなかったんですが、SUZUKIワゴンRスティングレーのCMでジャニス・ジョプリンの名曲「Move Over」を歌っていたのは松尾レミさんだったようです。てっきりジャニス本人かと・・・



CMで流れていた「More Over」本家より迫力があるような・・・


メジャーデビューが去年ということでこれからどんどん活躍していくことと思います。
とりあえず出ているCDは注文しときました。
ライブも聴いてみたいですねえ。

それにしても日本の男子ミュージシャン達はいったいどうしちまったんだい?
かあちゃんにキ○タマ抜かれちまったのか?元気ねえぞ!チャラチャラしてんじゃねえ!!
もう薄っぺらいバラードなんて聴き飽きたんだよ!

関連記事
スポンサーサイト


音楽 | 02:02:49 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad