■プロフィール

Takase

Author:Takase
初代ファミコンからPCまで、ゲームを愛する男。
レトロゲームバンザイ!
ゲームも作ってるよ。

■訪問者数

■最近の記事
■最近のコメント
■月別アーカイブ

■最近のトラックバック
■カテゴリー
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
ダライアスの思い出。

当時、画面を三つも繋げた大型の筐体で話題となった、タイトーのシューティングゲーム「ダライアス」。
これには誰もが驚き、プレイする人が行列になるほどだった。
各ステージの最後に巨大戦艦が出てくるのだが、突然警報とともに座っている椅子からもの凄い轟音が出て、いやでも緊張感が高まるという演出も見事だった。
このボディソニックのせいでお腹がゴロゴロしたプレイヤーもいたが・・・・・。
一画面分もある大きな戦艦は、大きさもさることながら、その攻撃も熾烈なものだった。
なにしろ三画面のあっちから飛んでくる高速の弾(とっても沢山)をかわすのは至難の業。
いままでそんな経験をしたことが無いので慣れるまで相当のコインが必要だった。

そんなボス戦で忘れられない思い出がある。
いつものようにダライアスをプレイしていた時のこと。
自分のプレイが終わり、友人の番に。研究がてら隣の席で友人のプレイを見ていた。
ゲーム後半の凄まじいボス戦で、敵弾を喰らってしまった友人は、相当アタマにきたらしく、突然筐体にスゴイ蹴りを入れたのである。
すると、画面が急に暗くなり、中央に


                     T I L T


の文字が!!!
もちろんゲームはリセットされ、何事も無かったかのようにタイトル画面に。
TILTがあるのはピンボールゲームだけだと思っていたので衝撃だった。
TILTを出すほどの蹴りを入れた友人にも驚いたが。
モチロン当の本人はショックで口もきけなかったのは言うまでも無い。

tilt

関連記事
スポンサーサイト


レトロゲーム | 11:08:42 | Trackback(0) | Comments(2)
コメント
こんにちは!
その画面に見覚えが…!!
記憶が正しければダライアス2でも表示されたような気がします
日曜日にデパートの屋上でダライアス2を遊んでいた自分(中学生時代)
ある日遊びに行った時ゲーム画面には謎の英語が表示され
その日は遊べませんでした(表示されていたのは多分TILT)
これは強い衝撃を与えたら表示される物だったんですね
初めて知りました!

あとダライアス1は 当時の薄暗いゲームセンターで初めて見たとき
衝撃的でした。
まるで水槽がそのままゲームになっているような神秘性
あの衝撃は今のゲームセンターにはまず無いですね

家庭では遊べないような、ゲームセンターならではのゲームを遊びたいです。





2006-03-18 土 21:38:58 | URL | ISAmu. [編集]
ダライアス2
ダライアス2にもTILTはあったと思います。
それから、ダライアス2は最強装備でラスボスと戦っていると、途中でフリーズしたりリセットがかかったりすることもありました。
そういえばエンディングで「来年はダライアス3!」とメッセージが出ましたが、とうとう出ませんでしたね。

最近は家庭用のハードの性能が良すぎてアーケードとの差が無くなってしまいましたね。結果、家で遊べるものにワザワザお金を払いたくない→ゲーセン離れ→メーカーはアーケードで儲けられないので家庭用に移植を前提としたゲームを作る→家で遊べるものにワザワザお金を・・・・
という悪循環に陥っています。
大型筐体ブームはまさにバブル景気のなせる業でした。
あのころのような驚きをまた味わいたいものですね。
2006-03-20 月 15:23:56 | URL | Takase [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad