■プロフィール

Takase

Author:Takase
初代ファミコンからPCまで、ゲームを愛する男。
レトロゲームバンザイ!
ゲームも作ってるよ。

■訪問者数

■最近の記事
■最近のコメント
■月別アーカイブ

■最近のトラックバック
■カテゴリー
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
映画「PIXELS」観てきました。
以前ブログでチラッと予告編を紹介した時にあまり期待できないというような内容で書いたと思うんですが、

・・・・・・・・・・・全くその通りだった!!

こっちもリスクを最小限に抑えるためにレイトショーで安くあげたんですが、正解でした。
厳しいコトを書くようですが、レンタルで充分!

レトロゲームをこよなく愛する自分ですが、レトロゲームに対する愛が全く感じられないこの作品には共感できません。
レトロゲームを知らない連中が、ネタでちょっとググッた知識レベルで適当に作った雑な映画です。

ストーリーも予告編で言っているのが全てです。なんのサプライズも感動もありません。
1982年にNASAが知的生命体に向けて送った、当時の文化を収録したカプセルのビデオゲームの内容を宣戦布告と判断した宇宙人が、ゲームキャラそっくりに作った兵器でゲームのルールで戦いを挑んでくる、という、全てに「何で???」っていう疑問しか湧かない内容。
主人公は子供の頃ゲームのパターンを覚えるのが得意でゲーム大会に出たが決勝のドンキーコングで負けてしまい、それ以来冴えない人生を送っている中年。
たまたま仕事(家電の設置工事)で訪ねた離婚したばかりの女性(息子がいる)と知り合い、お約束の最初は喧嘩パターンで始まり最後にくっつくというクソ以下の展開。しかもこの女、軍で働いているというご都合設定。

主人公の冴えない顔が、どこかでみたことあるなあと思ったら、傑作「ウエディング・シンガー」でドリュー・バリモアと一緒に主役を演じたアダム・サンドラーじゃないですか!?
いや、ホント、この人後にも先にも「ウエディング・シンガー」しかまともな映画に出てないんじゃ・・・・
まあ、冴えない役だけにピッタリといえばピッタリですけど・・・・・
吹替えの柳沢慎吾も喋りに抑揚がまるで無くずっとフラットな感じでよくない。

で、肝心の宇宙人は特に出てこず、ゲームで勝負する場所と時間を昔の有名人(若い頃のマドンナとかホール&オーツとか)に化けてビデオメッセージを送ってくるだけ。ラスト付近で「マックス・ヘッドルーム」のマックスが出たときは吹きましたが。

明らかに地球より文明が発達していて本気を出せば侵略出来るのにも関わらずなぜかゲームのルールで勝負、負けたらあっさりと引き上げる、と、一体何がしたいのか分からない連中です。
特に和解するような展開も無ければ勝った地球人にピクセル物質で作ったゲームキャラの人工生命(トロフィーらしい)を送ったりと、戦争というよりは運動会的なノリなのが納得いかないのです。

それにいくらゲームが得意でも銃を撃ったりドンキーコングの樽をジャンプしたりといったリアルな運動まで上手く出来るのもムリがあり過ぎです。主人公が特訓した軍の連中は全く役に立たなくて結局戦闘には参加しないとか流れ的に意味が無いシーンが多過ぎます。
これは30分にまとめて無料で公開したほうが評価されるんじゃないかな?
まあ「Kung Fury」には到底及ばないと思いますが。

あと、一番納得がいかないのが、ラストのドンキーコングで助けに行く相手はヒロイン(子持ち)じゃないこと。
なぜヒロインの息子がさらわれるのか?シチュエーションがおかしい。
ハンマー投げてドンキーコングをやっつけるとかゲームとしてもおかしい。

そして取って付けたような「Qバート」の存在。
シュガーラッシュで有名になったからって安易に「Qバート」を出せばウケると思っているのが腹立たしい。
そもそもそんなにメジャーなゲームではないよ!!日本人はまずプレイすらしたことすら無い。

と、挙げていけばキリがないんですが、どうも企画の段階であまり煮詰めないままビジュアル先行で作ってしまった感がありますね。

で、この映画を観て、内容とビジュアルを昔どこかで観た気がしてYouTubeで探したところ、見つけました!!
まさにコレ、なんとタイトルもまんま「PIXELS」。
個人でCGショートムービーとして2010年に発表したものです。

完全に内容(出てくるキャラとシチュエーション)が一致するのでおそらくこの動画を観た映画監督が買い取ったか交渉したかで製作したのではないかと思います。

ネタ元


こっちが映画
関連記事
スポンサーサイト


映画 | 02:09:06 | Trackback(0) | Comments(4)
コメント
映画は気にはなってたけど・・・w
ファミコン以前ドットゲーを遊んでた世代が、お!と思わせる
ディテールを期待してたんですけどね。。
ピクサーのシュガー・ラッシュを思い出したけどあれは裏方か・・・
とはいえレンタルで見ようかな~
2015-09-14 月 11:41:41 | URL | haya [編集]
Re:
当時のゲームを知らない世代にはただのレトロネタ映画として観れるのかもしれませんが、バリバリビデオゲーム世代にとっては「なんちゃって映画」です。

シュガーラッシュはゲームの中の住人の生活を内側から描いているので非常にワクワクさせるものがあるし、笑いと涙の要素もしっかりしていました。

しかしこの映画はなんかずっとダラダラズルズルとあまり起伏のないまま最後まで行ってしまうので2時間も必要無い感じです。

言ってみれば「人間将棋」を見ているような、「ゲームのシチュエーションを人間でやったらどうだろう?」的なノリですね。すぐ飽きる。

せめて宇宙人がこういう形式で襲ってきた理由にもっと深みと謎をちりばめて、最後に「おお~、そうだったのか!」と驚くような展開があれば良かったんですが、そんな要素は全くありませんでした。
コメディのようなんですけどそれほど笑えるような部分も無いし・・・

自分だったら敵の司令官が昔主人公にゲーム大会で負けた男で、負けた日にUFOにさらわれて主人公にリベンジするために宇宙人の技術を使って当時負けたゲームをリアル化して襲ってくる、最後に「やっぱりお前が一番だよ」って言って和解&撤収&「また来る」って流れにしますね。もちろんラストバトルまで正体はわからないようにします。

この映画だと最初にあっさり「昔NASAが送ったカプセルが~」ってことで全員納得してしまうので謎要素が薄っぺらくなります。
結局宇宙人は何者でなぜあっさりと帰って行くのか?謎のままだったし。
中途半端に有名人を出し(セリーナ・ウイリアムズとかマーサ・スチュワートとか)て誤魔化そうとしてる感がプンプン匂ってきたり・・・
どうもスッキリしない映画でした。

おススメはしないがネタで映画館に行くのも良いかも?
期待しなければそこそこ楽しめると思うよ。

2015-09-14 月 13:53:37 | URL | Takase [編集]
Takaseさん、こんにちは。

そっか~ダメか~
この作品は、ちょっと気になっていたんでいずれツタヤるつもりでしたが、このレビューをみる限りはあまりにも時間の無駄っぽいので止めておこうかなぁ…。

「目の付け所は悪くないのに仕上がりが悪い作品」、最近本当に多いですよね。
もったいないよな~。
2015-09-16 水 19:27:19 | URL | タルトFC2 [編集]
Re:
全体的に見れば、まあ無難な作りです。
ただ、なんというか進行が平坦で、クライマックスで「おお~!!」ってなるような盛り上がりに欠けるんですよね。
でもそんなにクソ映画でもないのでレンタルなら納得いくのではないでしょうか?

メチャクチャピンチになるわけでもなし、ほぼゲーマー3人だけで解決してしまうので感情移入出来ないというか・・・

ゲームオタクのおっさんたちが「俺たちのゲームスキルが役に立つ」って言ってると正直ドン引きします。もっとコメディ色が強ければ笑えるんですが、主演のアダム・サンドラーがイマイチ笑えないキャラなんですよね。

リアル世界でゲームをプレイするわけだからゲーマーの体力的な弱さをミリタリーのタフガイ達が補いつつ協力して皆でクリアする、といったようなシナリオだったら相当面白かったんじゃないかと思いますね。

レトロゲームを題材にした名作ならディズニーの「シュガーラッシュ」が超おススメです。
これは2012年のCGアニメーション作品で、ゲームの中のキャラクター達の生活(??)を描いたものです。
既にご覧になっているかもしれませんが、この映画の方が「PIXEL」の数十倍面白いですよ~。

2015-09-17 木 14:09:19 | URL | Takase [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad