■プロフィール

Takase

Author:Takase
初代ファミコンからPCまで、ゲームを愛する男。
レトロゲームバンザイ!
ゲームも作ってるよ。

■訪問者数

■最近の記事
■最近のコメント
■月別アーカイブ

■最近のトラックバック
■カテゴリー
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
哀しみのベラドンナ
2016年いきなりハードな映画を紹介したいと思います。

1973年公開のアニメーション映画「哀しみのベラドンナ」



なんと虫プロダクション制作です。
「千夜一夜物語」「クレオパトラ」に続く大人向けアニメ映画として制作されましたが、エロスとバイオレンスの要素が強いため、当時の日本では低い評価を受けてしまいました。
まだこの頃はアニメといえば子供のものという風潮でしたので仕方が無いといえば仕方が無い気がしますが、イラストレーターの「深井国」氏が原画なども手掛けていて非常にアート色の強い作品です。

BELLADONNA_019.jpg

どちらかといえば動かない一枚絵が多用されていて、アニメ作品としてはかなり異色です。
しかし深井国氏の魅力的かつ美しい絵のおかげでアート作品として成立しています。

ストーリーは非常にハードで、恋をして結婚した主人公ジャンヌと夫のジャンが結婚の報告に領主のもとへ行き、そこでジャンヌが領主と城内の男たちに陵辱されます。
絶望に打ちひしがれるジャンヌの前に悪魔が現れ、魂をよこせば力を与えると囁きます。
初めは拒否していたジャンヌでしたが、度々自分達を襲う不幸の連続に、ついに悪魔と契約をしてしまうのです。
そして・・・・・

BELLADONNA_014.jpg

70年代にこんなアニメ映画があったというのは衝撃的です。しかもあの虫プロが制作というのは興味深いですね。
完全におこちゃまにはアウトです。
BELLADONNA_005.jpg

残念なのは古い上にマイナー過ぎてブルーレイ化されていないという事。
現在発売されているDVDも画質が非常に悪く、せっかくの美しい絵が台無しになってしまっていることですね。

状態の良いオリジナルのフィルムが残っていれば、是非リストアしてブルーレイ化してもらって本来の美しい絵で見てみたいものです。


関連記事
スポンサーサイト


映画 | 02:49:04 | Trackback(0) | Comments(4)
コメント
Takaseくん、こんにちは。
新年早々、過激すぎるやろっ!
でも自分、3枚目のイラストが好きです…(ボソッ)

2016年もこのお部屋からは
掘り出し物がザックザックな香りがするわ。
2016-01-07 木 15:52:34 | URL | タルトFC2 [編集]
こんばんは。

確かにこれはスゴイですね。
そしてちゃんと予告編がある!

ルパン三世の最初のアニメ映画『ルパン三世 ルパンVS複製人間』もアダルト向けだったので、昔?は色々な意味で子供用じゃないものが多かったんですね。

動かないアニメと言えば、大島渚監督が静止画によるモンタージュという実験的技法で製作した忍者武芸帳が有名ですね。この作品は本当に動きません(笑)
2016-01-07 木 21:49:46 | URL | バニーマン [編集]
Re:コメント
タルトさん、コメントありがとうございます。

年明け早々刺激が強すぎましたね~あっ、鼻血・・・
なかなか紹介するタイミングが無くてやっと紹介できました!!
公開当時、年齢制限があったのか心配です。

ここの画像以外にもかなり露骨な表現が沢山あります。
もしかするとレンタルに置いてあるかもしれません、オススメです。

2016-01-08 金 02:37:26 | URL | Takase [編集]
Re:
バニーマンさん、コメントありがとうございます。

予告編でかなり雰囲気は伝わると思います。
面白いことに、この作品はいくつかのバージョンが存在するようで、それぞれカットされたり追加されたりしたシーンがあって、おそらくDVDになっているのが最後に編集されたバージョンではないかと思われます。
全バージョン収録の決定版ブルーレイが出て欲しいですね~。

確かに「ルパンVS複製人間」はアダルトな内容でしたね。
本来のルパンらしくて自分はカリオストロよりこっちが好きです。
しかもSF好きの自分にはたまらない内容です。

忍者武芸帳、非常に気になります!
今度探してみたいと思います。

2016-01-08 金 02:54:38 | URL | Takase [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad