■プロフィール

Takase

Author:Takase
初代ファミコンからPCまで、ゲームを愛する男。
レトロゲームバンザイ!
ゲームも作ってるよ。

■訪問者数

■最近の記事
■最近のコメント
■月別アーカイブ

■最近のトラックバック
■カテゴリー
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
パワーレンジャーが!
日本の特撮といえばウルトラマン、仮面ライダー、そしてスーパー戦隊が有名ですが、この3つ、実は海外でもリメイクされたことがあるんです。

ウルトラマンは「ウルトラマングレート」、「ウルトラマンパワード」というタイトルで基本的なデザインは初代ウルトラマンを意識したものが制作されました。

仮面ライダーは、平成ライダーの「仮面ライダー龍騎」をリメイクした「仮面ライダードラゴンナイト」(2009年)があります。
でもこれは酷かった・・・・ドラマシーンはちゃんと向こうの俳優がやっているんですが、変身後の戦闘シーンはオリジナルの龍騎の映像をそのまま使っているので凄い違和感。急に背景が日本になるってオカシイですよね?体型も日本人体型になっちゃうし。

そしてスーパー戦隊は「パワーレンジャー」というタイトルで1993年に制作されました。
「恐竜戦隊ジュウレンジャー」をベースにしたもので、初期は戦闘シーンを日本のものを使っていたようですが、途中から東映のスーツを現地で使うようになったようです。
「パワーレンジャー」は子供達にかなり人気があったようです。

意外にもアメリカではテレビシリーズの特撮物は少ないようです。
性や暴力に対しての年齢制限に厳しい国だから、どちらかというと暴力的な特撮物が敬遠されるのでしょうか?

前置きが長くなってしまいましたが、その「パワーレンジャー」をハリウッドが本気で映画化するようです。
予告編が公開されていますのでご覧下さい。



スーツがめっちゃ強そう・・・・・。


関連記事
スポンサーサイト


特撮 | 13:57:09 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad