FC2ブログ
 
■プロフィール

Takase

Author:Takase
初代ファミコンからPCまで、ゲームを愛する男。
レトロゲームバンザイ!
ゲームも作ってるよ。

■訪問者数

■最近の記事
■最近のコメント
■月別アーカイブ

■最近のトラックバック
■カテゴリー
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
あの名曲が!
2005年にPS2で発売され、2011年にはPS3でHDリマスターされた名作ゲーム「ワンダと巨像」

このゲームの巨像との戦闘で流れるBGM「Opened Way」を美人ヴァイオリニストが演奏する動画がありました!

この曲は重厚さと切なさが絶妙に交じり合ったドラマチックな名曲です。
ゲームの内容に凄く合っていて、巨像にしがみついた途端にこの曲が流れ始めるのでいやでも盛り上がります。
なんか聴いているとゲームの内容を思い出して目頭が熱くなってきます。



この方は米国のプロのヴァイオリニストTaylor Davisさんです。他にも色々なゲームミュージックを演奏している動画があるようです。ゲーム好きなのかな?

こちらは彼女のオリジナル曲です。か、カッコいい!!それにホント美人ですね!
美人ヴァイオリニストってなんか絵になりますよね。すてきだ!!



PS3 | 01:35:03 | Trackback(0) | Comments(0)
久々のサバイバル。
何故かトツゼン「トーキョージャングル」がやりたくなり、久々にプレイしています。
いきもの大好きな自分としては絶対に売らないソフトの一つです。

プレイ可能な動物のラインナップを見て少しづつ記憶が戻ってきました。
そう、カバをアンロックするためにバッファローで「カバの縄張りを奪え!」のミッションをやっていたのですが、どうしてもクリア出来なくて中断していたのです。
だってカバめっちゃ強いんだもん・・・・・囲まれてボコボコにされて瞬殺ですわ・・・・・。

案の定何度もボコられ、何度も心が折れそうになったのですが、兄弟バッファローを犠牲にしての尊い犠牲の甲斐あって、なんとか縄張りを奪う事が出来ました!!ウオーーー!エイドリアーン!!(?)

そして念願のカバでプレイ!!
うお、防御力と攻撃力がハンパねえ!!小型のポメとか犬猫は一撃で吹っ飛ぶぜ!ヒャッハー!
クロコダイルもライオンも怖くねえぜ!
だが・・・・・足が遅い、あとスタミナがない。まあ、あの巨体だからちょっとダッシュしたら息上がるよね。

一番の敵は飢えとスモッグでした・・・・行く先々でスモッグが発生し、ポイズンゲージがガンガン上がってその上食べ物まで汚染されてしまうので食べるとキケン。
生きるってのは、つらいことなんだぜ。

でもなんだかんだでカバ初プレイで70年生きられました!!
う~ん、やっぱり楽しい、いいゲームだ、トーキョージャングル。

まだプレイした事がない方はぜひプレイしてみて下さい。
中古なら涙出るほど安く買えます・・・・。

Hippo.jpg


PS3 | 05:19:13 | Trackback(0) | Comments(0)
半額だと・・・・?
PSNにてキング オブ ファイターズ20周年記念 半額セール開催中のようです。
KOFに限らず、SNK、プレイモア関係のゲームが半額になってます。

なんと、あの伝説のクソゲ格闘ゲーム、「餓狼伝説ワイルドアンビション」も309円で買えちゃう!!
知る人ぞ知る、ポリゴン餓狼です。

メタルスラッグコンプリートなんかはシリーズ全部入りで1064円なのでかなりお得感がありますね。
ついつい買っちゃいましたよ。Vitaに入れて遊ぼうと思います。

KOFは95が好きなんですけど、96にはギースがいるし・・・・迷った挙句、96を買いました。
てか、360円だから両方買えばいいという話も・・・・・ハイ、あとで買います。

10月15日までの限定セールなので急いでチェックすべし!!

athena.jpg




PS3 | 07:08:55 | Trackback(0) | Comments(0)
ダブルドラゴンネオン!
最近ミカドでもダブルドラゴンをやっているので、結構前に発売されていたPS3のダウンロード専用ゲーム「ダブルドラゴンネオン」を購入してみました。

ベルトスクロールアクションのシステムは変わらず、キャラクターを今風に3Dポリゴンで表現しているので滑らかに動きます。
相変わらず主人公の恋人の「マリアン」が悪党にさらわれて助けに行くという分りやすいストーリー。
主人公ビリーも冒頭で「またかよ!」って叫ぶところがナイス!!
今回マリアンをさらうのは謎のガイコツ魔人「スカルマゲドン」
強面のくせに甲高い声で間抜けな台詞を吐く憎めないヤツ。

今回は戦闘スタイルが少し変わっていて、パンチ、キック、ジャンプの他に、専用ゲージを使用して繰り出す大技があり、倒した敵が時々落とす「カセットテープ」を拾う事で技やステータスが成長するという要素があります。
なぜ敢えて「カセットテープ」なのかというと、この「ダブルドラゴンネオン」の世界観が80年代を意識して作られたからだという事のようです。
ステージ2のBGMも80年代のディスコミュージックで実際にあったんじゃないかって思わせるようなハイクオリティな歌が流れます。

残念ながら最強の必殺技「肘打ち」はありません・・・・・・・・が、実はちゃっかりゲージ技の中に肘打ちで攻撃する技があるのです。

本家同様、ファイナルファイト並みの素早い攻撃はありませんが、敵の攻撃もそれなりなので困る事はありません、かといってモッサリしているかというとそうでもなく、中々爽快にプレイ出来ます。うまいゲームバランス。
ステージクリアする度に今までクリアしたステージに戻ったりも出来るので、敵が強いなと思ったら前のステージに戻ってステータスを上げてまたチャレンジ出来るのでとても親切です。

これをプレイして感じる事は、とにかく制作チームが「ダブルドラゴン」が好きでたまらないんだな、という事です。
これはリメイクする上でとても大事な事で、オリジナルに対する「愛」と「リスペクト」が無ければ、ほぼ100パーセントダメなクソゲーになって「黒歴史」扱いになってしまうという現実。
しかしこのゲームは価格以上に楽しませてくれる良作です。(オリジナルがあるので名作とまでは言いません)

ダブルドラゴンを好きなユーザーなら色んな意味で楽しめると思います。
色々ツッ込んだりニヤリとしたりと最後まで楽しんでプレイ出来ました。
アボボもちゃんと緑色のヤツがいるし。あと主人公が敵にリメイクされて襲ってきたり・・・(??)

abobo.jpg


そして先ほども触れましたが、このゲームはサントラが凄く良く出来ています。
一切手抜きなしという感じです。
いいサウンドチームを使っていますね。クオリティが高いです。
個人的に一番好きな2面のディスコミュージック、昔一世を風靡したブロンディが当時歌っていたんじゃないかと思わせる程のレベル。背景のネオンサインの光に良く似合います。
あとラストの敵の本拠地で流れるBGMは「燃えよドラゴン」を髣髴とさせる、と言うかもうまんまコレがやりたいんだなという事が分り過ぎる素晴らしい曲でシビれます。必聴!!

元祖ダブルドラゴン自体がブルース・リーの映画をイメージしたゲームを作りたかったという事なので、この制作チームはちゃんとその辺も押さえているという事ですね、さすが。

エンディングの曲(歌)も、負けたラスボスが悲哀を込めて歌う歌なんですが、「ボヘミアン・ラプソディ」で有名なプログレバンド「クイーン」をパクり・・・・じゃないイメージした歌で、ちゃんとダブルドラゴンのテーマ曲のメロディを使いつつイイ感じにアレンジしている職人技とも言える凄い出来。もうニヤニヤが止まらないです。
歌詞にも自分の部下の名前が出てくるし・・・・・アボボとか言ってる・・・・・・もうダメ・・。

いや、予想以上に楽しめました。
久々に何度もプレイしたくなるゲームでしたね。
これで1500円ならお買い得と言ってもいい出来です。

最近いいゲームないな~と思っているなら是非!
ちなみに体験版もありますよ。でも出来れば最後まで楽しんで頂きたい!!結構ボリュームもあります。








PS3 | 05:12:33 | Trackback(0) | Comments(2)
悪魔城ドラキュラ?
いつのまにかPS3で「悪魔城ドラキュラ Lords of Shadow 2」なるゲームが発売されていますね。

悪魔城ドラキュラといえば最後にやったのはPS1の「月下の夜想曲」だったかな?
個人的には久々の悪魔城シリーズ、今のハードではどんな風になっているのかと体験版をダウンロードして早速プレイしてみました!!てかこれ「2」なのね。「1」もまるでノーチェックでした。

で、感想は・・・・・・・・・・・・

「悪魔城ドラキュラ」と言う名のデビルメイクライというかベヨネッタというかメタルギアライジングだな!!

つまらん!!!

とても素晴らしく非の打ち所の無い今のジャパニーズゲームのお手本と言っていいでしょう。
悪い意味で、ですけど。
これなら「いっき」もこんなシステムでつくれるじゃん。

とりあえずタイトルとグラフィック変えれば内容一緒でもわかんないよねってバカにされている気分です。
そしてアクションゲームのくせにプレイ中にあーしろこーしろ、このタイミングでボタン押せ、あそこに行け、あれを壊せといちいち指図してくるストレスといったらもう。
プレイヤーがゲームに操作されているというおかしい状況。

前も書いた気がしますが映画みたいな演出がしたいなら映画作れよと言いたくなります。
まあ、ゲーム業界の人間が映画を作っても面白くないとは思いますが。

グラフィックの美しさや細かい技術ばかり追求して、肝心のゲームとしての面白さがどこかに行ってしまっているのが現在のゲーム業界のような気がします。

まだハードの制約があるモバイルアプリの方がゲーム性が高いものが多いのではないでしょうか?




PS3 | 06:05:29 | Trackback(0) | Comments(2)
前のページ 次のページ